髪が薄くなってくると

髪が薄くなってくると

最近、ちょっと髪の毛が薄くなってきたなあというのは、本人よりも家族の方が先に気がつかれる場合が多いですね。

そして、ちょっと少なくなったなあと気になるくらいが、時間と共にだんだんと気になる度合いがたかまってくるのですね。

今後のことを考えていくとちょっと不安になりますが、今は、とてもいい増毛法があるのをご存じでしょうか、それは、自毛植毛と言って、自分の頭の後ろの部分の髪の毛を毛穴ごと薄くなってきた部分に移植していくものです。

画期的ですよね。

そのような自毛植毛という方法があるのですが、今ある髪の毛をいかに減らさずにいくかが大切ですよね。

そこで、薄毛の原因について考えて見ましょう。

それは、一番が、「遺伝」と言われています。

ご家族やご親族の中に薄毛の方がおられる場合には、薄毛になる確率は高くなっていきます。

そして、薄毛も今では、男性型脱毛症という病気とされていて、「AGA」(「Androgenetic Alopecia」の略称)と言われています。

薄毛の原因とは(男性ホルモン)

髪の毛が薄くなってくると、周りの人は、単なる生理現象の一つとして位にしか考えないのですが、本人にとってみれば本当に大きなことです。

薄毛がどんどん進むとはげになってしまいます。

こうなってしまうと、昔は、どうしようもなかったのですが、今は、自毛植毛という方法があります。

作り物の髪の毛ではなくて本人の頭の後ろの髪を毛根ごと頭の前の方に移植するという画期的な方法です。

この自毛植毛の方法があるのですが、今ある髪の毛が少なくなっていく原因について考えて見ましょう。

まず一つは、「遺伝」があげられます。

そして、「男性ホルモン」があげられます。

体内で作られた男性ホルモンが、髪の毛や髭の根元にある細胞と結びつきますと、ジヒドロテストステロン(DHT)と言うものに変わります。

自毛植毛について

髭の場合には、その成長を促す働きとなるのですが、髪の毛の場合には、残念ながら髪の毛の抜けた後の細胞を抑える働きとなってしまうのです。

すなわち、【男性ホルモン」が髪の毛が生えてくるのを休ませてしまう。

または、止めてしまうことへとつながっているのです。